コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮総督府疑獄 ちょうせんそうとくふぎごく

大辞林 第三版の解説

ちょうせんそうとくふぎごく【朝鮮総督府疑獄】

朝鮮総督山梨半造が、京城に取引所を設置するにあたり、米穀商から賄賂を受け取った事件。1929年(昭和4)発覚。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の朝鮮総督府疑獄の言及

【疑獄】より

…大正末から昭和初期の政党政治は,二大政党の交代による疑獄の顕在化をもたらした。満鉄疑獄事件(1921),松島遊廓疑獄(1926),陸軍機密費事件(1926),朝鮮総督府疑獄(1929),売勲事件(1929),五私鉄疑獄(1929)など,政友・民政両党をまきこんだ疑獄は枚挙にいとまがない。その後,斎藤実挙国一致内閣を崩壊させた帝人事件(1934)は,事件そのものが〈空中楼閣〉とされ全員無罪となった。…

※「朝鮮総督府疑獄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝鮮総督府疑獄の関連キーワード山梨半造取引所京城

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android