コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木国 きのくに

世界大百科事典内の木国の言及

【紀伊国】より

…三方を海に囲まれ,長い海岸線を有するが,山がちで平地に乏しい。もと木国(きのくに)と表記したが,和銅年間に好字二字をあてて紀伊国と改めた。古来,良材を産し,素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子五十猛命(いたけるのみこと)が韓(から)より木種をもたらしこの国に播種したという《日本書紀》一書の所伝や,宮殿造営のための採材の忌部(いんべ)が住んだという《古語拾遺》の説は,木国の名の由来を物語るものである。…

※「木国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木国の関連キーワード武内宿禰(たけしうちのすくね)浜口儀兵衛(7代)熊野(紀伊半島)ペインテッド砂漠淡路国分寺塔跡崎山次郎右衛門熱田大宮司季範俊寛(僧侶)和歌山(県)人力飛行機狩人・猟人中村 仙巌佐藤忠信島田修二日本演劇家子郎党悉皆成仏非情成仏近衛基通和歌山県

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android