コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾のヒノキ林 きそのひのきりん

世界大百科事典内の木曾のヒノキ林の言及

【森林】より

…白山,月山など日本海側の豪雪地では,オオシラビソなどの針葉樹も成立不可能となり,ミヤマナラの低木林となる。
[日本と世界の著名な森林]
 青森のヒバ林(ヒノキアスナロ林),秋田のスギ林,木曾のヒノキ林は日本の三大美林といわれていた。いずれも天然生林で,藩制時代に領有していた各藩が厳重に保護育成に努力した森林である。…

※「木曾のヒノキ林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android