コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木谷徳雄 きたにとくお

世界大百科事典内の木谷徳雄の言及

【スケート】より

… 日本のスピードスケートは昭和期に入ると滑走技術,競技運営ともに著しく進歩したが,技術の点で日本をはるかにしのいでいたのが満州であった。1931年のヘルシンキの世界選手権大会に参加した木谷徳雄,石原省三,河村泰男の3選手は満州の出身で,翌年の第3回冬季オリンピック大会(レーク・プラシッド,アメリカ)にも内地の潤間留十とともに日本代表として出場している。次いで36年の第4回大会(ガルミッシュ・パルテンキルヘン,ドイツ)では石原省三が500mで第4位に入賞した。…

※「木谷徳雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木谷徳雄の関連キーワードスピードスケート

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android