コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木質ペレット もくしつぺれっと

3件 の用語解説(木質ペレットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

木質ペレット

おが屑(くず)やかんな屑など製材副産物や廃棄物を圧縮成型した小粒の固形燃料をいう。ペレットストーブペレットボイラーの燃料として用いられる。形状は直径6〜9mm程度、長さ10〜25mm程度の円筒形で、原料となる木材種や使用部位によりホワイトペレット、バークペレット、全木ペレットに分けられており、燃焼特性や製造コストに差がある。また、藁(わら)やオリーブの種など、他の植物廃棄物を利用したペレットもある。 木質ペレットは燃焼させても二酸化炭素を排出しない(カーボンニュートラル)ので地球温暖化防止の目的に加えて、木材廃棄物が利用でき、運搬や取り扱いが便利なために、林業副産物や地域振興の観点からも期待され、とくに、近年の原油価格高騰への対抗策として急速に注目を浴びている。2007年9月には、日本木質ペレット協会が発足した。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もくしつ‐ペレット【木質ペレット】

燃料にするために廃材・間伐材・おがくずなどを固めたもの。木質バイオマスペレット。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もくしつペレット【木質ペレット】

間伐材や廃材などを原料とする固形燃料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木質ペレットの関連キーワード大鋸屑鉋屑鋸屑挽き屑副産物葛羊羹やかん泥やかんなめ畜産副産物こけら

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木質ペレットの関連情報