コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡櫟斎 むらおか れきさい

美術人名辞典の解説

村岡櫟斎

官吏。国史家。名は良弼、字賚卿、小字五郎。宮内省御用掛。初め昌平校に入り和漢の制令律例を専攻し、和歌を池原香穆、音律を辻高節に学び蘊奥を極む。詩文書を能する。宮内省の六国史校訂に当り其業を全うす。『日本記纂話』を著し帝国学士院恩賞を受ける。『続日本後記纂話』『日本書紀定本』『日本地理志料』『法制史』等数十種の著書がある。大正6年(1917)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

村岡櫟斎の関連キーワード村岡良弼官吏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android