コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡良弼 むらおか りょうすけ

2件 の用語解説(村岡良弼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村岡良弼 むらおか-りょうすけ

1845-1917 明治-大正時代の法制学者,地理学者。
弘化(こうか)2年2月10日生まれ。昌平黌(しょうへいこう)の明法(みょうぼう)科にまなび,司法省,宮内省などで初期の法制整備につとめる。退官後は地誌,国史を研究,「日本地理志料」72巻,「続(しょく)日本後紀纂詁」20巻(学士院恩賜賞)などをあらわした。大正6年1月4日死去。73歳。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)出身。旧姓は渋谷。字(あざな)は賚卿。号は櫟斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村岡良弼

没年:大正6.1.4(1917)
生年:弘化2.2.10(1845.3.17)
明治大正期の法制官僚,地誌学者。本姓は渋谷氏。号檪斎。下総国香取郡中村(千葉県香取郡多古町)に生まれる。明治2(1869)年に昌平黌明法科を経て刑部省に勤務,次いで司法省2等属,参事院議官補,宮内省御用掛などを歴任して,立法と制度史調査の実務に従事し井上毅に重用された。25年に退官してからは,独力で日本地誌の編纂に尽力し,『大日本史』国郡志の纂訂に努力し,次いで六国史の校訂と逸文収集に励んだ。学風は旧式であるが,綿密で発見があり,紀行文に優れ,和歌・雅楽をよくした。<著作>『日本地理志料』『続日本後紀纂詁』

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村岡良弼の関連キーワード林田亀太郎郷土誌中田薫法制輿地誌略青野寿郎有松英義黒崎定三佐竹三吾森山鋭一

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone