コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村瀬湖十 むらせ こじゅう

2件 の用語解説(村瀬湖十の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村瀬湖十 むらせ-こじゅう

深川湖十(ふかがわ-こじゅう)(2代)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村瀬湖十

没年:延享3.1.24(1746.3.15)
生年:生年不詳
江戸中期の俳人。初号は永機。別号は巽窓,巽籬斎,合昏庵,歌舞庵。甲州の人で,江戸に出て森部湖十の養子となる。湖十の号を継承してより,江戸座の中心人物として活躍した。編著として,亡母花千の追善集『魂祭』『続花摘』のほか,2代目市川団十郎と箱根に遊んだときの『犬新山家』,榎本其角三十三回忌の『角文字』,松尾芭蕉五十回忌の『古すだれ』,亡父七回忌の『解夏草』などがある。また,内田沾山一派に対抗しようとした『延享二十歌仙』に参加して,その存在を世に示した。

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村瀬湖十の関連キーワード其角堂永機舎羅半時庵淡々大野秀和斎藤賀子樗雲貞佐(1)長谷川雨柳穂積永機(1)祇徳

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone