杜工部(読み)とこうぶ

世界大百科事典内の杜工部の言及

【杜甫】より

…戦乱の続く中で生活に窮した彼は,759年(乾元2)官を捨てて四川に赴き,節度使厳武の保護の下で成都西郊の浣花(かんか)草堂に隠れ住んだ。その生涯中最も幸福で安定した時期で,このころ厳武の推薦で中央政府の役職工部員外郎の肩書を得,後世杜工部とも呼ばれるようになる。しかし厳武の死後,政情が不安定になったため,四川を離れ,以後現在の湖北・湖南両省一帯を漂泊し,770年(大暦5)湘江の舟中で病没した。…

※「杜工部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android