杜文瀾(読み)とぶんらん

世界大百科事典内の杜文瀾の言及

【古謡諺】より

…中国,清の杜文瀾の著。100巻。…

【詞譜】より

…つぎに現れたのが康熙帝勅撰の《詞譜》で,826調,2306体を収め,最も網羅的であるが,内府刊本(宮廷出版)であるためにあまり流布しなかった。清末近くに杜文瀾と恩復が万樹の《詞律》の校訂本(通称《校刊詞律》)に徐本立の《詞律拾遺》を添えて刊行し(1876∥光緒2),以来これが詞譜の標準テキストのようになっている。ただし近年《欽定詞譜》も景印本が出版されたので見やすくなった(1979)。…

※「杜文瀾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android