東ヘシラ[山](読み)ひがしへしら

世界大百科事典内の東ヘシラ[山]の言及

【キリマンジャロ[山]】より

…タンザニア北部,ケニアとの国境に接する火山で,アルカリ岩系玄武岩を主体とする。アフリカ大陸の最高峰。キリマは〈山〉,ンジャロは〈輝く〉の意だと伝えられる。西から東へシラ山(4002m),キボ山(5895m),マウェンジ山(5270m)が並ぶ。最も古いシラ山は開析が進んで元の火山の形をとどめていないが,今でも噴気活動が認められるキボ山の山頂には,幾重にもなったカルデラがみごとである。キボ山にのみ氷河があり,南西斜面で標高4570mに達している。…

※「東ヘシラ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android