東京シンフォニー・オーケストラ(読み)とうきょうしんふぉにーおーけすとら

世界大百科事典内の東京シンフォニー・オーケストラの言及

【ベートーベン】より

…1913年東京音楽学校教師になったドイツ人クローンGustav Kron(1874‐?)は,同校の管弦楽団を指揮してベートーベン作品の演奏に力を入れ,13年《バイオリン協奏曲》,18年《第5交響曲》,19年《第6交響曲》,24年《第9交響曲》の日本初演を行った。大正後期には本格的交響楽団が生まれるが,その最初のものである東京シンフォニー・オーケストラは22年末に結成され,翌23年の第1回公演で《第5交響曲》を取り上げた。この頃からのレコードの普及も日本のベートーベン愛好家を増やした。…

※「東京シンフォニー・オーケストラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる