東谷坨(読み)とうこくい

世界大百科事典内の東谷坨の言及

【旧石器時代】より

…山西省匼河(あんが)では黄土の下の砂礫層中から,公王嶺と同時期のチョッパー,チョッピングトゥール,スクレーパー,三稜尖頭器などの石器138点が発掘された。河北省東谷坨では地表下45mの泥河湾層中から約2000点の石器と切断痕のある多くの動物の骨などが発掘され,これも約100万年前までさかのぼるといわれている。 北京市の周口店にある石灰岩の洞窟は,約60万年前から15万年前まで続いたシナントロプスの遺跡であり,1927年以来長期間の発掘調査が続けられている。…

※「東谷坨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android