コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東遊笛 あずまあそびぶえ

世界大百科事典内の東遊笛の言及

【笛】より

…現行の横笛は雅楽の竜笛(唐楽用),高麗笛(こまぶえ)(高麗楽用),神楽笛(神楽用),能・狂言などの能管,歌舞伎囃子や民俗芸能の篠笛(しのぶえ)が主である。雅楽ではこのほか東遊笛(あずまあそびぶえ)(東遊用,中管(ちゆうかん)とも)があったが,平安時代か鎌倉時代に廃絶した。これらの横笛は厳密にいうといずれも円筒管ではなく内径が先細りのため,尾端に近い指孔による音高は円筒管の場合に比べて低くなり,音域が広くなる。…

※「東遊笛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

東遊笛の関連キーワード高麗笛∥狛笛東遊

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android