コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東遊装束 あずまあそびしょうぞく

世界大百科事典内の東遊装束の言及

【舞楽装束】より

…歌方は狩衣(かりぎぬ)である。〈東遊装束〉は,巻纓,緌の冠に,挿頭(かざし)(桜,山吹,撫子(なでしこ),菊等)をつけ,桐竹に雉(きぎす)の青摺の袍,肩に,蜷結(になむすび)板引の飾り紐をつけ,表袴は舞人のみ竹に雉の模様が摺ってあり,いわゆる陪従(べいじゆう)の装束,歌方は無地の白袴で,膝継ぎがある。ほかは人長舞装束とほぼ同じ。…

※「東遊装束」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報