東郷藤兵衛尉重位(読み)とうごうとうべえしげたか

世界大百科事典内の東郷藤兵衛尉重位の言及

【示現流】より

…剣術流派の一つ。江戸時代,薩摩(鹿児島県)地方に伝承された。その攻撃一本の実戦性と,丸棒で立木に向かって稽古する〈立木打ち〉の基本技法など,薩摩に保守的に存続した地域性は特異な存在である。流祖は,島津氏の家臣東郷藤兵衛重位(しげたか)(1561‐1643)。重位の剣の師は京都天寧寺の禅僧善吉和尚といわれる。善吉は神道流系統の天真正自顕流であったが,重位は修練と思索を重ね〈示現流〉とその名を改めた。薩摩では藩士はもちろん,士分以外の庶民にも示現流を習わせ,幕末の動乱のなかで多くの剣士が輩出し,薩摩示現流はその名を高めた。…

※「東郷藤兵衛尉重位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android