コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井康親 まつい やすちか

世界大百科事典内の松井康親の言及

【松井氏】より

…徳川氏譜代大名家の一つ。三河の土豪松井忠直は松平清康,広忠に仕え,子康親は徳川家康の命により東条松平義春の家老となり,1564年(永禄7)戦功により東条城を賜り松平の称号を許された。徳川氏の遠江・駿河統一に軍功があり,遠江牧野(諏訪原),駿河三枚橋(さんまいばし)城主となる。次の康重は武蔵騎西,常陸笠間,丹波篠山,和泉岸和田城主,康映(やすてる)は播磨山崎,石見浜田(浜田藩),3代を経て康福(やすよし)は下総古河,三河岡崎と再度浜田,2代を経て康爵(やすたか)は陸奥棚倉に移り,2代を経て康英は武蔵川越に転じ,康載(やすとし)のとき廃藩となる(川越藩)。…

※「松井康親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松井康親の関連キーワード松平康重松平康親

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android