コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原一閑斎 まつばら いっかんさい

2件 の用語解説(松原一閑斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原一閑斎 まつばら-いっかんさい

松原慶輔(まつばら-けいほ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松原一閑斎

没年:明和2.5.28(1765.7.15)
生年:元禄2.1.10(1689.1.30)
江戸中期の医者。名は維岳。通称才二郎。一閑斎は号。長門国(山口県)阿武郡の人。京都で張仲景(漢の名医)を奉ずる古方による医療を行う。浅田宗伯『皇国名医伝』に松原慶輔として掲げられ,名古屋玄医,後藤艮山,山脇東洋と共に古方の四家と称されているが,呉秀三の松原家家伝史料にもとづく報告によると,慶輔という通称はなく,誤伝であるという。子の敬輔は小浜藩(小浜市)藩医となり代々小浜に住んで医を業とした。著述は人を誤るといってなさなかったという。<参考文献>呉秀三「松原一閑斎先生及其子孫ニ就キテ」(『呉秀三著作集』)

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松原一閑斎の関連キーワード小野古風徳力善水藤山惟熊山脇元沖児玉良悦手医者金玉医者工夫の医者荒木維岳松原慶輔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone