コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原一閑斎 まつばら いっかんさい

朝日日本歴史人物事典の解説

松原一閑斎

没年:明和2.5.28(1765.7.15)
生年:元禄2.1.10(1689.1.30)
江戸中期の医者。名は維岳。通称才二郎。一閑斎は号。長門国(山口県)阿武郡の人。京都で張仲景(漢の名医)を奉ずる古方による医療を行う。浅田宗伯『皇国名医伝』に松原慶輔として掲げられ,名古屋玄医,後藤艮山,山脇東洋と共に古方の四家と称されているが,呉秀三の松原家家伝史料にもとづく報告によると,慶輔という通称はなく,誤伝であるという。子の敬輔は小浜藩(小浜市)藩医となり代々小浜に住んで医を業とした。著述は人を誤るといってなさなかったという。<参考文献>呉秀三「松原一閑斎先生及其子孫ニ就キテ」(『呉秀三著作集』)

(小曾戸洋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

松原一閑斎の関連キーワード合田求吾

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android