松岡時敏(読み)まつおか ときとし

美術人名辞典の解説

松岡時敏

幕末・明治の土佐藩儒者・元老院議官。郷士松岡甚吾の子。初名は敏、通称は七助、毅軒と号する。江戸に出て安積艮斎に学ぶ。吉田東洋の愛顧をうけて山内容堂の侍読となり、藩国の法典「海南政典」の制定や、山内家編纂の土佐藩史「藩史内篇」の仕事に当った。維新後は、文部省に出仕、左院二等議官等を経て、元老院議官となる。また小野湖山・鷲津毅堂らと交わり、作詩も行なった。明治10年(1877)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android