コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平輝高 まつだいら・てるたか

1件 の用語解説(松平輝高の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

松平輝高

没年:天明1.9.25(1781.11.10)
生年:享保10.8.29(1725.10.5)
江戸中期の老中。寛延2(1749)年2月上野国高崎藩(群馬県高崎市)藩主就任。宝暦6(1756)年5月~8年10月の間,京都所司代に就任。同11年8月老中,安永8(1779)年7月勝手掛。天明1(1781)年6月,上野・武蔵国に絹糸貫目改所を設け,運上を徴収する政策を打ち出したが,商人が市場にこないため絹市が立たなかった。よって,生産者農民による一揆が起き,一揆勢は,輝高の居城高崎城下にまで押し寄せた(上州絹一揆)。この事態に驚いた幕府は,改所の設置を中止したが,輝高はその直後病死し,様々な風評を生むこととなった。一揆により政策が挫折させられただけでなく,自分の命も失った人物。

(安藤優一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松平輝高の言及

【高崎藩】より

…上野国(群馬県)高崎城に藩庁をおいた譜代中藩。1590年(天正18),同国箕輪城12万石に封ぜられた井伊直政が,幕命により98年(慶長3)中山道に沿う旧和田城に移城して立藩。このとき高崎と改めた。以後藩主の交代7氏。直政は和田城の改修,城下町の整備に着手したが,1601年近江佐和山に移り,その後諏訪頼水の城代を経て,04年酒井家次が下総臼井から入封(5万石)。在城12年の間に大坂の陣に参戦,16年(元和2)越後高田に移り,代わって松平(戸田)康長,松平信吉が相次いで入城したがともに在城は短く,19年安藤重信が入って重長,重博と3代77年間安藤氏が在封した(5万6600石)。…

※「松平輝高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平輝高の関連キーワード遠羅天釜寛延板倉勝清国佐(3代)酒井忠寄高屋去音松平康福松浦宝水野勝前水野勝庸