コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平輝高 まつだいら・てるたか

1件 の用語解説(松平輝高の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

松平輝高

没年:天明1.9.25(1781.11.10)
生年:享保10.8.29(1725.10.5)
江戸中期の老中。寛延2(1749)年2月上野国高崎藩(群馬県高崎市)藩主就任。宝暦6(1756)年5月~8年10月の間,京都所司代に就任。同11年8月老中,安永8(1779)年7月勝手掛。天明1(1781)年6月,上野・武蔵国に絹糸貫目改所を設け,運上を徴収する政策を打ち出したが,商人が市場にこないため絹市が立たなかった。よって,生産者農民による一揆が起き,一揆勢は,輝高の居城高崎城下にまで押し寄せた(上州絹一揆)。この事態に驚いた幕府は,改所の設置を中止したが,輝高はその直後病死し,様々な風評を生むこととなった。一揆により政策が挫折させられただけでなく,自分の命も失った人物。

(安藤優一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の松平輝高の言及

【高崎藩】より

…上野国(群馬県)高崎城に藩庁をおいた譜代中藩。1590年(天正18),同国箕輪城12万石に封ぜられた井伊直政が,幕命により98年(慶長3)中山道に沿う旧和田城に移城して立藩。このとき高崎と改めた。以後藩主の交代7氏。直政は和田城の改修,城下町の整備に着手したが,1601年近江佐和山に移り,その後諏訪頼水の城代を経て,04年酒井家次が下総臼井から入封(5万石)。在城12年の間に大坂の陣に参戦,16年(元和2)越後高田に移り,代わって松平(戸田)康長,松平信吉が相次いで入城したがともに在城は短く,19年安藤重信が入って重長,重博と3代77年間安藤氏が在封した(5万6600石)。…

※「松平輝高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

松平輝高の関連キーワード藩学一覧鶴岡蘆水伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧天明田沼時代中村仲蔵

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone