コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平辰蔵 まつだいら たつぞう

2件 の用語解説(松平辰蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平辰蔵 まつだいら-たつぞう

下河内村辰蔵(しもごうちむら-たつぞう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平辰蔵

没年:天保9.3.10(1838.4.4)
生年:寛政8(1796)
江戸後期の百姓一揆の指導者。三河(愛知県)加茂郡下河内村松平嘉兵衛の長子。松平姓は,先祖が徳川家康から称することを許されたものという。農閑期には割木業を営む。天保7(1836)年の米価値下げなどを要求した加茂一揆の初期の頭取。辰蔵自身の家が打ちこわしにあったことなどにより,途中一揆からは身を引いた。一揆後逮捕され,9年に江戸に送られたが牢死,獄門。捨札が滝脇村に建てられた。渡辺政香の『鴨の騒立』には辰蔵の活躍が生き生きと描かれている。辰蔵屋敷跡が残る。法名法誉円融利達居士。<参考文献>布川清司『農民騒擾の思想史的研究』

(小椋喜一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平辰蔵の関連キーワード惣百姓一揆百姓一揆磯部村清太夫小池村勇七下佐谷村助六田中安右衛門永田隆三郎平沢清人深谷克己堀江六之丞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone