コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平辰蔵 まつだいら たつぞう

2件 の用語解説(松平辰蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平辰蔵 まつだいら-たつぞう

下河内村辰蔵(しもごうちむら-たつぞう)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平辰蔵

没年:天保9.3.10(1838.4.4)
生年:寛政8(1796)
江戸後期の百姓一揆の指導者。三河(愛知県)加茂郡下河内村松平嘉兵衛の長子。松平姓は,先祖が徳川家康から称することを許されたものという。農閑期には割木業を営む。天保7(1836)年の米価値下げなどを要求した加茂一揆の初期の頭取。辰蔵自身の家が打ちこわしにあったことなどにより,途中一揆からは身を引いた。一揆後逮捕され,9年に江戸に送られたが牢死,獄門。捨札が滝脇村に建てられた。渡辺政香の『鴨の騒立』には辰蔵の活躍が生き生きと描かれている。辰蔵屋敷跡が残る。法名法誉円融利達居士。<参考文献>布川清司『農民騒擾の思想史的研究』

(小椋喜一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone