コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松斑天牛 まつのまだらかみきり

大辞林 第三版の解説

まつのまだらかみきり【松斑天牛】

カミキリムシの一種。体長約3センチメートル。全身暗褐色で、上ばねに灰白と黒色の斑がある。幼虫はマツの幹や枝の内部を食害し、成虫はマツノザイセンチュウを媒介する、マツの大害虫。いわゆる松食虫の代表的存在。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

松斑天牛 (マツノマダラカミキリ)

学名:Monochamus alternatus
動物。カミキリムシ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

松斑天牛の関連キーワードマツノザイセンチュウ松食虫