コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学名 がくめいscientific name

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学名
がくめい
scientific name

動植物の種および各分類群について,万国命名規約に基づいてつけられる名称ラテン語またはラテン語化したギリシア語その他の国語を用いる。すべての動植物は門,綱,目,科,属,種に分類され,それぞれ学名が与えられている。種を表わすには,属名種名Canis familialis (イヌ) ,Oriza sativa (イネ) のように併記する。そのあとに命名者名と命名された年別を記すが,これらはしばしば省略される。属名と種名を併記するので二名法と呼ばれ,C.リンネがこれを採用し,これが踏襲されている。植物では"Species Plantarum" (1753) ,動物では"Systema naturae" (第 10版,58) 以前に記載されたものは,正式な学名としては除外される。亜種,変種などを記すには,第3の語を付記する。たとえば,ローランドゴリラは Gorilla gorilla gorilla (亜種) ,ユキツバキ Camellia japonica var. decumbens (var.は変種の意) のようにする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がく‐めい【学名】

生物などの分類に用いる学問上の世界共通の名称。国際的な命名規約に基づき、属名と種小名による二名法がとられ、ラテン語またはラテン語化した名詞と形容詞で表す。スウェーデンの生物学者リンネに始まる。
学問上の名声。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

学名【がくめい】

生物の学問上の名称。リンネが《自然の体系》で動植物の種名を二名式で記述したことに始まる。現在では,植物は国際植物命名規約,動物は国際動物命名規約に学名の規則が定められている(そのほか,細菌栽培植物ウイルスにもそれぞれ国際命名規約がある)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がくめい【学名 scientific name】

生物名を国際的に確定するために与えられるラテン語表記の名前。植物は国際植物命名規約International code of botanical nomenclature,動物は国際動物命名規約International code of zoological nomenclatureに従って命名されることになっている。各国語で呼ばれる生物名は普通名(通俗名)common nameで,日本語の場合は和名という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がくめい【学名】

学問上、生物を呼ぶために世界共通につけられた名称。通常二名法にめいほうが用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学名
がくめい
scientific names

生物または生物群に対して与えられた名称のうち、生物学で用いられる世界共通の名をいう。これら学名の命名には、動物、植物、バクテリアのそれぞれに別の国際的な命名規約が設けられており、現生の生物のみならず、絶滅して化石として発見されるものに対しても適用される。
 学名のうちもっとも基本となるのは、生物の各種類に与えられる種名であり、リンネが1753年に著した『Species Plantarum』(『植物の種』と訳される)初版にある植物、および1758年の『Systema Naturae』(『自然の体系』または『自然の系統』と訳される)第10版にある動物に対して採用した二名式(二名法)の名称である。二名式の名称は、生物の各種類を、それが含まれる属の名(大文字で始める)とその種の名(小文字で始める。ただし植物の場合は人名に由来する名は大文字で始める)を並記して表す方法で、そのあとに種の名を与えた命名者の名を付記するのが通例である。たとえばHomoeogryllus japonicus De Haan(スズムシ)はHomoeogryllusという属に含まれるjaponicusという種類であることを示しており、種の名の命名者がDe Haanであることを表している。動物名では命名者のあとにコンマをつけ、種名が公表された年号を記すこともある。属は多くは複数の種を含むが、研究の進展に伴い、他属に併合されたり、一部の種が別の属に移されたりして、所属する属名が変更されることがある。先にあげた例でも、初めはPhalangopsis japonicaとして発表されたのち、Homoeogryllus属に移されたもので、初めの属種名の組合せと異なったときは命名者を括弧(かっこ)で囲むのが正式で、植物では括弧のあとに組合せを変更した人の名を記すことになっている。すなわち、動物ではHomoeogryllus japonicus (De Haan)、植物ではCirsium spicatum (Maxim.) Matsum.(ヤマアザミ)のようになる(植物では命名者や変更者を略記するのが通例である)。なお、属や種の名にはラテン語またはラテン語化した綴(つづ)りを用い、それ以外の綴りのときもラテン語として扱い、属名の性に種の名の性をあわせることになっている。japonicaが所属変更によりjaponicusになったのはそのため(女性→男性)である。属が亜属に分割されている場合は、属名と種の名の間に括弧で囲んだ亜属名を入れるが、その亜属が模式亜属(代表亜属)であるときは属名と同名なので、亜属名のかわりにs. str.またはs. s.(sensu stricto狭義の略)を用いることがある。たとえばトノサマガエルはRana (Rana) nigromaculataRana (s. str.) nigromaculataのどちらでもよい。
 同じ種のなかで地理的な分化が生じて、亜種が認められているときには三名式の亜種名が用いられる。たとえばモンシロチョウはPieris rapae crucivora Boisduvalであり、crucivoraが亜種の名、Boisduvalがその命名者であることを示している。この場合も種・亜種の名とも語尾は属名の性にあわせねばならない。
 同じ種に対して二つ以上の名が与えられているときは、原則的に先に公表された名が採用され、あとからの名は同物異名synonymとして破棄される。これが先取権の原則であるが、あとからの名が広く一般に用いられているような場合、混乱を防ぐために国際命名法委員会の裁定を経て有効とされることがある。また、同じ属内に同名の種が二つ以上できた場合も、あとからの命名が異物同名homonymとして無効とされ、別の名が与えられる。属の併合や所属の変更によって同様なことがおこったときは、それらが同じ属内に共在する限り、あとからの名が無効となる。
 属名に関しても先取権の原則は種名の場合と同じに適用され、属の基準は模式種(基準種)type speciesに置かれる。模式種は属名を与えるとき指定するが、指定のないときは、属に初めから含まれていた種のなかから後の研究者が選ぶ。属よりも上位の階級(段階)categoryである亜族、族、亜科、科、上科は原則として、それぞれの群の代表的な属名の語幹に一定の語尾をつけて名づけられる。動物では亜族-ina、族-ini、亜科-inae、科-idae、上科-oideaがこれで、植物では亜族-ineae、族-eae、亜科-oideae、科-aceaeが付加される。たとえば、科ではイヌ科Canidae(属Canis)、コガネムシ科Scarabaeidae(属Scarabaeus)、ナス科Solanaceae(属Solanum)、サルノコシカケ科Polyporaceae(属Polyporus)のようになる。
 現行の命名規約は、動物、植物とも、初めに記したリンネの著書が出発点となっているが、植物では、一部(蘚(せん)類および藻類の一部、化石)が除外され、1801年以降の各類の専門家による著書を起点としている。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の学名の言及

【リンネ】より

…またJ.P.deトゥルヌフォールの樹立した属の概念をとりあげ,種の名はすべて属名とこれを限定するラテン語の数語によってあらわしたが,その後,便宜のため限定のうちの1語をとって小名とした。これが学名のはじまりで,この方法は二命名法と呼ばれるようになった。これにより学名をただ一つ正名とし,他の呼名は異名とし,1種に1名と定めることになった。…

※「学名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

学名の関連キーワードGorilla gorilla gorillaシナントロプスペキネンシスロードデンドロン黄星瑠璃金花虫オカヤマライト葡萄色帽子鸚哥アスペルギルスオオサカアイトオフィキナリス黄帯毛太針蠅蝦夷姫象鼻虫頭黒乙女鸚哥黄帯腰太姫蜂蝦夷条黒白蝶樺色扁埋葬虫スウェーデン南洋眉白鰺刺黄無地野螟蛾黄脚鬚長葉蜂アノフェレス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学名の関連情報