コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松林無雲 まつばやし むうん

朝日日本歴史人物事典の解説

松林無雲

没年:寛文7.閏2.1(1667.3.25)
生年:文禄2(1593)
江戸前期の剣術家。仙台藩剣術指南役。通称左馬助。永吉,成近と名乗り,晩年は蝙也斎と号した。信濃国(長野県)松代の出身。15歳のとき夢で感ずるところがあり,以後3年間浅間山麓にこもって修行を積み,夢想願流(願立)を開く。諸国で修行したのち関東郡代,伊奈半十郎の武蔵国赤山(埼玉県川口市)の陣屋で剣術を教えるが,51歳で,仙台藩に仕える。慶安4(1651)年将軍徳川家光に技を披露して激賞された。多くの超人的なエピソードを残す半面,温かい人柄で老人や子供にも慕われたという。

(甲野善紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

松林無雲の関連キーワード松林左馬助

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android