コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松林左馬助 まつばやし さまのすけ

1件 の用語解説(松林左馬助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松林左馬助 まつばやし-さまのすけ

1593-1667 江戸時代前期の剣術家。
文禄(ぶんろく)2年生まれ。願流(剣,居合,手裏剣,柔ほか)の開祖。寛永20年陸奥(むつ)仙台藩主伊達忠宗につかえる。慶安4年将軍徳川家光に実技兵法を供覧した。寛文7年閏(うるう)2月1日死去。75歳。信濃(しなの)(長野県)出身。名は永吉。号は願立(がんりゅう),無雲,蝙也斎(へんやさい)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松林左馬助の関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門薩摩浄雲松林無雲願流長谷川久蔵シャロン論介浅野長矩江島其磧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone