松殿師家(読み)まつどの もろいえ

朝日日本歴史人物事典の解説

松殿師家

没年:暦仁1.10.4(1238.11.11)
生年承安2(1172)
平安末期の公卿。関白藤原基房の3男。母は藤原忠雅の娘の従三位忠子。治承3(1179)年権中納言となるが,同年11月平清盛のクーデタで解官。寿永2(1183)年木曾義仲と結び,近衛基通に代わって13歳で摂政・氏長者となったが,翌年義仲の敗走で職を去る。のち出家。

(土谷恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

松殿師家 (まつどのもろいえ)

生年月日:1172年6月20日
鎌倉時代前期の公卿
1238年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android