コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原師家 ふじわらの もろいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原師家 ふじわらの-もろいえ

1172-1238 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
承安(じょうあん)2年6月20日生まれ。藤原基房の3男。母は花山院忠雅(ただまさ)の娘。寿永2年(1183)源義仲とむすんだ父の画策で,近衛基通(このえ-もとみち)にかわり12歳で摂政,氏長者となる。翌年義仲の敗死で辞任。正二位。嘉禎(かてい)4年10月4日死去。67歳。号は松殿,天王寺

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原師家の関連キーワード暦仁松殿師家三善康俊バレンシア王国ヤマハ発動機の公訴事実宇都宮頼綱金北山ジュチ曽我祐成宇都宮歌壇