林 道倫(読み)ハヤシ ミチトモ

20世紀日本人名事典の解説

林 道倫
ハヤシ ミチトモ

大正・昭和期の医学者



生年
明治18(1885)年12月21日

没年
昭和48(1973)年3月28日

出生地
宮城県仙台市

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔明治43年〕卒

経歴
東大精神神経科に入り、大正3年南満医学堂教授。10年ドイツ留学、13年帰国後岡山医科大学教授となり、昭和20年学長。24年新制の岡山大学初代学長となり3年間在任。のち林精神科病院院長。日本脳炎ウィルスの分離培養で知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android