林宗二(読み)はやし そうじ

朝日日本歴史人物事典の解説

林宗二

没年:天正9.7.11(1581.8.10)
生年:明応7(1498)
戦国・安土桃山時代の商人,学者。14世紀に来日した中国人林浄因の後裔。一般に饅頭屋宗二として知られる。字は桂室,号は林逸,方生斎。饅頭屋の屋号が示すように饅頭を商う京都の商家に生まれ,当時の町衆の多くがそうであったように堂上公家から歌学,学問を熱心に学んだ。特に清原宣賢,吉田兼右から学問,文学の伝授を受けた。歌学,『源氏物語』には深く傾倒したようで,のち奈良に移り,肖柏から受けた『古今集』の伝授を行い,いわゆる奈良伝授となった。『源氏物語林逸抄』の著があり,『饅頭屋本節用集』の編者とされる。

(森谷尅久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android