コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

饅頭屋宗二 まんじゅうやそうじ

4件 の用語解説(饅頭屋宗二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

饅頭屋宗二
まんじゅうやそうじ

[生]明応7(1498).京都
[没]天正9(1581).奈良
戦国時代の町人学者,歌人。姓は林氏。字は桂堂,号林逸。南北朝時代に渡来した林浄因の子孫という。まんじゅう屋を職とした。非常な蔵書家で,また連歌を牡丹花肖柏に,学問は清原宣賢吉田兼右に,『古今集』の奈良伝授を肖柏より受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

饅頭屋宗二 まんじゅうや-そうじ

1498-1581 戦国-織豊時代の商人,学者。
明応7年生まれ。南北朝時代に来日した宋(そう)(中国)の林浄因の子孫。奈良で饅頭屋をいとなむ。清原宣賢(のぶかた),吉田兼右(かねすけ),肖柏(しょうはく)に学問・連歌をまなび,「源氏物語林逸抄(りんいつしょう)」をあらわした。「饅頭屋本節用集」を刊行したという。天正(てんしょう)9年7月11日死去。84歳。京都出身。姓は林。名は安盛。字(あざな)は桂室。号は林逸,方生斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まんじゅうやそうじ【饅頭屋宗二】

1498‐1581(明応7‐天正9)
戦国~安土桃山時代の商人,学者。姓は塩瀬,名は安盛,字は桂室,林逸・方生斎と号した。父は道太。その祖は1349年(正平4∥貞和5)建仁寺竜山徳見の帰国に従って来日した宋人林浄因で,奈良に住して姓を塩瀬と改め,饅頭屋を業とした。宗二は京都に生まれ,はやく奈良に下り,松永久秀の後援を受けて南都中の饅頭を独占的に商った。家業のかたわら連歌を肖柏に学び,和歌もよくした。のち漢学にも力をいれ,清原宣賢三条西実隆,吉田兼右らに師事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

饅頭屋宗二
まんじゅうやそうじ
(1498―1581)

戦国時代の町人学者。姓は林(はやし)氏。号は林逸(りんいつ)。京都に生まれ、奈良に住んで饅頭を商った。先祖は1366年(正平21・貞治5)に元(げん)より帰国した禅僧竜山徳見(りょうさんとくけん)について来日した林浄因(りんじょういん)で、子孫代々饅頭屋を営んだという。宗二は営業のかたわら学問を愛好し、蔵書家としても聞こえ、『源氏(げんじ)物語林逸抄(りんいつしょう)』(54巻)を著述し、国語辞書の『饅頭屋本節用集(まんじゅうやぼんせつようしゅう)』を刊行した。学殖が深く、奈良の僧侶(そうりょ)に教えたほどである。その子息に、建仁寺(けんにんじ)(京都市東山区)の住持となった梅仙東逋(ばいせんとうほ)がいた。[横井 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

饅頭屋宗二の関連キーワード五辻富仲道恵文閑山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代安土桃山文化織豊時代桃山時代伊勢・安土桃山文化村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone