栄化(読み)えいか

世界大百科事典内の栄化の言及

【救い】より

…ピューリタニズムと敬虔主義においては,〈聖化〉とは神の見えざる預定と選びを見える仕方で実現するもので,これによって〈神の国〉の理念を社会的・倫理的に実現しようとした。このような楽天的な倫理主義は第1次大戦後に強調された終末論によって拒否され,義認と聖化につづく〈栄化〉はもっぱら神の業であること,それによって初めて人類と宇宙の救いが成ることがいわれた。この究極の救いがたんなる自然の救いではなく,〈心の平静ataraxia〉を求めるストア学派の倫理とも一致せず(これはヨーロッパ人の中に深く浸透している),むしろ〈最後の審判〉を通じて第2の創造として実現するというのがユダヤ・キリスト教における特徴である。…

※「栄化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android