コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核沸騰 かくふっとう

世界大百科事典内の核沸騰の言及

【伝熱】より

…一方,沸騰伝熱の機構は伝熱面温度の上昇とともに変化することが知られている。例えば,大気圧の水中に白金細線を水平に張ってこれを電流によるジュール熱で加熱した場合,伝熱面温度と液体の飽和温度との差がごく小さいときは細線周囲に自然対流が発生し,加熱量が増してある温度差以上になると初めて離散的な気泡が発生して核沸騰と呼ばれる状態になる。さらに電流を大きくすると,ある限界の熱流束条件において伝熱面温度は急上昇して細線は蒸気膜に覆われて,もはや伝熱面と液体が直接触れ合わない膜沸騰と呼ばれる状態になる。…

【沸騰】より

…過熱状態の液体は突然爆発的に沸騰することがあり,この現象を突沸という。沸騰の型としては,おもなものは器壁の高温面で液体が直接蒸気になって気泡ができる核沸騰と,高温面で蒸気が連続な薄膜を形成する膜沸騰の二つがある。膜沸騰の場合は,蒸気の膜が熱の伝達を妨げるので,核沸騰の場合に比べ熱の伝わる速度は小さい。…

※「核沸騰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone