コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅廼門真門 うめのと まかど

美術人名辞典の解説

梅廼門真門

江戸後期の狂歌師・長門府中藩主。名は毛利元義、通称甲斐守、号は梅廼門真門。鹿都部真顔に師事し、のち判者となる。風雅遊興を好んだ。俗歌「梅の春」の作がある。天保14年(1843)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android