コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅廼門真門 うめのと まかど

美術人名辞典の解説

梅廼門真門

江戸後期の狂歌師・長門府中藩主。名は毛利元義、通称甲斐守、号は梅廼門真門。鹿都部真顔に師事し、のち判者となる。風雅遊興を好んだ。俗歌「梅の春」の作がある。天保14年(1843)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android