コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利元義 もうり もとよし

1件 の用語解説(毛利元義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利元義 もうり-もとよし

1785-1843 江戸時代後期の大名。
天明5年11月9日生まれ。毛利匡芳(まさよし)の子。寛政4年(1792)長門(ながと)(山口県)府中藩主毛利家11代となる。文教を振興,人材をそだてたが,治世後半は財政を悪化させた。趣味人で,狂歌は鹿都部真顔(しかつべの-まがお)を師とし,清元「梅の春」の作詞者とされる。天保(てんぽう)14年4月5日死去。59歳。号は梅廼門真門(うめのと-まかど)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の毛利元義の言及

【梅の春】より

…1827年(文政10)の作品といわれる。真門は長州の毛利元義のことで,大田蜀山人の門人四方真顔について狂歌を学び,真門の名を得て判者になった際の披露にこの曲を作詞した。作曲者は江戸橋場の料亭の女主人。…

※「毛利元義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毛利元義の関連キーワード松平頼啓稲垣定成片桐貞中加藤泰済土岐頼功徳蔵増山正寧松平信志松平義居渡辺高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone