コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶紙 かじがみ

世界大百科事典内の梶紙の言及

【楮紙】より

コウゾを原料とする紙で,古代から現代にいたるまで,一貫して代表的な和紙であった。古代には榖紙(こくし)とよばれ,現代においても梶紙(かじがみ)(構紙・加地紙)などの別名をもつ。原料のコウゾはクワ科に属する落葉低木で,日本に自生し,豊富にあったので,古代において太布(たふ)や栲(たえ)などの織物に用いられていた。…

※「梶紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梶紙の関連キーワードこうぞ紙楮紙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android