コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽浪準平原 らくろうじゅんへいげん

2件 の用語解説(楽浪準平原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽浪準平原
らくろうじゅんへいげん

「ピョンヤン (平壌) 準平原」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の楽浪準平原の言及

【平安道】より


[自然]
 北部から東部にかけて,本道の大部分は標高1500~2000mの狼林山脈やその支脈の狄踰嶺(てきゆれい)山脈・妙香山脈などの険峻な山地によって覆われているが,黄海沿岸には平坦な海岸平野がえんえんと続き,よい対照をなしている。特に大同江中・下流域には平壌平野と楽浪準平原が連なり,北朝鮮最大の平野地帯となっている。楽浪準平原は露出した石灰岩層が広く分布し,カルスト地形がみられる。…

※「楽浪準平原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone