コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造水 コウゾウスイ

デジタル大辞泉の解説

こうぞう‐すい〔コウザウ‐〕【構造水】

結晶中に、水としてではなく、水酸化物イオンなどとして含まれているが、加熱すると水として失われるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の構造水の言及

【結晶水】より

…この水は水素結合により陰イオンに強く結合している。(3)格子水 結晶格子間の空所を満たし,格子を安定化する水を格子水または構造水という。この水はイオンに配位してはいない。…

※「構造水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

構造水の関連キーワード酸化マンガン火成岩結晶水核兵器水素

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構造水の関連情報