標本平均(読み)ひょうほんへいきん

世界大百科事典内の標本平均の言及

【平均】より

n個の実数x1,x2,……,xnが与えられているとき,を,n個の実数の相加平均(または算術平均)という。 数理統計学では,母集団から無作為にとり出したn個のデータX1,X2,……,Xnの相加平均,を標本平均という。 (1)で考えたn個の実数x1,x2,……,xnの中に同一の数が重複してあらわれるとしよう。…

※「標本平均」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報