コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫木網 かしきあみ

大辞林 第三版の解説

かしきあみ【樫木網】

張り網の一。河川・入り江・浅海などの流れに張って、エビや雑魚をとる網。かし網。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の樫木網の言及

【定置網漁業】より

… 張網は細長い囊網あるいはこれに両袖網をつけたものを,河川・湖沼・浅海の水底に水流を受けるように張ったもので,支柱またはいかりで固定する。河川・湖沼に多いが,海で使われているものに浜名湖のうすめ網,岡山の樫木(かしき)網,北海道の行成(ゆきなり)網などがある。 出し網類は垣網だけを敷設したもので,垣網によって誘導された魚群は巻網,敷網,刺網などで漁獲するものである。…

※「樫木網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

樫木網の関連キーワード浅海

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android