コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘千蔭 たちばな ちかげ

美術人名辞典の解説

橘千蔭

江戸後期の歌人。江戸生。枝直の子。号は芳宜園・耳梨山人・江翁等。賀茂真淵に学ぶ。また狂歌を好んで八衢と称する。文化5年(1808)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

橘千蔭【たちばなちかげ】

加藤千蔭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘千蔭
たちばなちかげ

加藤千蔭」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘千蔭
たちばなちかげ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の橘千蔭の言及

【加藤千蔭】より

…江戸中期から後期にかけての歌人,国学者。加藤枝直(えなお)の三男。加藤は通姓で,正式には橘氏。通称常太郎のち又左衛門。朮園(うけらぞの)などと号す。近世および近代の《万葉集》普及に多大の力を持った《万葉集略解(りやくげ)》の著者。10歳で賀茂真淵に入門。村田春海(はるみ)と並んで真淵の門派県門(けんもん)の双璧と称された。家職を継ぎ,町奉行吟味役,田沼意次の御用人などを歴任した。歌風は,真淵門下でありながら,新古今風の繊細さに特色を示し,家集に《うけらが花》がある。…

【万葉集略解】より

…注釈書。橘千蔭(加藤千蔭)著。1800年(寛政12)成立。…

※「橘千蔭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

橘千蔭の関連キーワード臨模・臨摹土居 光華万葉集略解菱田縫子一柳千古村山素行狩野融川巨勢利和もみじ