歌沢能六斎(読み)うたざわ のろくさい

朝日日本歴史人物事典の解説

歌沢能六斎

没年:明治19.2.28(1886)
生年:文政9(1826)
幕末の戯作者,端唄・都々逸の作者。本名は萩原乙彦。幕府小普請役森宗兵衛の次男で,通称は語一郎。戯作名は2代梅暮里谷峨。嘉永6(1853)年以降は端唄・都々逸など流行歌謡の作詞に専念。安政4(1857)年,歌沢笹丸の誘いで歌沢連へ加入して能六斎と名乗ったが,数年にして去る。のち,書家萩原秋巌の養子になって乙彦と改名。明治初期には俳諧の新聞・雑誌を発行,13年静岡新聞社の社長に迎えられ,社説やコラムに健筆を振るった。女性問題がしばしば世間の話題になったので,江戸時代が生んだ珍無類の人物だと評する人もいる。<参考文献>三田村鳶魚『足の向く儘』

(倉田喜弘)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android