コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正受老人 しょうじゅろうじん

世界大百科事典内の正受老人の言及

【正受庵】より

…1666年(寛文6)松平忠俱の開基,道鏡慧端(えたん)(1642‐1721)の開山になり,慧端は76年(延宝4)より住庵した。慧端は至道無難の法を継いだ禅者で,正受老人と呼ばれ,この庵において白隠慧鶴を厳しく指導したことはよく知られている。1789年(寛政1)の《妙心寺末寺帳》に,東北寺(武蔵国江府渋谷)の末寺としてその庵名を見いだす。…

※「正受老人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正受老人の関連キーワード道鏡慧端正受庵白隠