コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道鏡慧端 どうきょう えたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道鏡慧端 どうきょう-えたん

1642-1721 江戸時代前期-中期の僧。
寛永19年10月22日生まれ。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田信之(のぶゆき)の子。臨済(りんざい)宗。江戸東北庵の至道無難(しどう-ぶなん)の法をつぐ。東北庵の第二祖にとの師のすすめをことわり,信濃飯山(いいやま)に正受庵(しょうじゅあん)をむすび修行に専念した。弟子に白隠慧鶴(はくいん-えかく)。享保(きょうほう)6年10月6日死去。80歳。通称は正受老人

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

道鏡慧端 (どうきょうえたん)

生年月日:1642年10月22日
江戸時代前期;中期の臨済宗の僧
1721年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の道鏡慧端の言及

【正受庵】より

…山号は小畝山。1666年(寛文6)松平忠俱の開基,道鏡慧端(えたん)(1642‐1721)の開山になり,慧端は76年(延宝4)より住庵した。慧端は至道無難の法を継いだ禅者で,正受老人と呼ばれ,この庵において白隠慧鶴を厳しく指導したことはよく知られている。…

※「道鏡慧端」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道鏡慧端の関連キーワード生年月日臨済宗中期慧端至道白隠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android