コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正本屋九兵衛 しょうほんや くへえ

朝日日本歴史人物事典の解説

正本屋九兵衛

没年:寛保1.10.13(1741.11.20)
生年:寛文9(1669)
江戸前・中期の京都の浄瑠璃本屋。名は治重。寛永期の草紙屋九兵衛を祖とするか。明暦(1655~58)ごろからは二条寺町西入北側で営業し,江戸中期まで続いた。山本氏。九兵衛は代々の称。治重は全盛期を築き,貞享1(1684),2年ごろ大坂に出店を設け,実権を握ったまま,これを子息九右衛門重時(生年不詳~1762)に継がせた。九右衛門は新たに七行本を開板し,重・類板を繰り返す山木九兵衛などを抑え,義太夫と近松で評判の高い,竹本座浄瑠璃本の出版権を独占した。そのほか,役者評判記や絵入り狂言本,浮世草子なども刊行した。<参考文献>祐田善雄『浄瑠璃史論考』,大阪府立図書館編『近松浄瑠璃本奥書集成』

(安永美恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

正本屋九兵衛の関連キーワード山本九兵衛祐田善雄

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android