コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正本屋九兵衛 しょうほんや くへえ

2件 の用語解説(正本屋九兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正本屋九兵衛 しょうほんや-くへえ

山本九兵衛(やまもと-くへえ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

正本屋九兵衛

没年:寛保1.10.13(1741.11.20)
生年:寛文9(1669)
江戸前・中期の京都の浄瑠璃本屋。名は治重。寛永期の草紙屋九兵衛を祖とするか。明暦(1655~58)ごろからは二条寺町西入北側で営業し,江戸中期まで続いた。山本氏。九兵衛は代々の称。治重は全盛期を築き,貞享1(1684),2年ごろ大坂に出店を設け,実権を握ったまま,これを子息九右衛門重時(生年不詳~1762)に継がせた。九右衛門は新たに七行本を開板し,重・類板を繰り返す山木九兵衛などを抑え,義太夫と近松で評判の高い,竹本座浄瑠璃本の出版権を独占した。そのほか,役者評判記絵入り狂言本,浮世草子なども刊行した。<参考文献>祐田善雄『浄瑠璃史論考』,大阪府立図書館編『近松浄瑠璃本奥書集成』

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正本屋九兵衛の関連キーワード素浄瑠璃絵入り浄瑠璃本浄瑠璃本八文字屋床浄瑠璃江戸半太夫(3代)立花河内目貫屋長三郎山本九兵衛八文字屋八左衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone