コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本九兵衛 やまもと くへえ

1件 の用語解説(山本九兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本九兵衛 やまもと-くへえ

1669-1741 江戸時代前期-中期の版元。
寛文9年生まれ。代々京都で版元をいとなみ,浮世草子などを出版。息子の九右衛門をつかわして大坂高麗橋に出店をひらき,竹本座の浄瑠璃(じょうるり)本の出版権を独占した。寛保(かんぽう)元年死去。73歳。名は治重。通称は正本屋九兵衛

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の山本九兵衛の言及

【本】より

…この中に絵を入れ朱,黄,緑,紫を単純に手彩色したものを丹緑本(たんりよくぼん)といった。作者で有名な人物に浅井了意(《御伽婢子(おとぎぼうこ)》1666)や鈴木正三(《二人比丘尼(びくに)》1664)らがおり,寛永年間に早くから出版を始めた有名な書店としては敦賀屋九兵衛,風月庄左衛門,村上勘兵衛,山本九兵衛,永田調兵衛など名家がある。 江戸は新開地で気風も荒く,上方とは様相が異なっていた。…

※「山本九兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本九兵衛の関連キーワード常行池田政倚小瀬復庵片桐貞起朽木定盛孝以鷹司輔信妻木頼隆寺沢友斎湯浅瑠璃

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone