コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正藍染(め) ショウアイゾメ

デジタル大辞泉の解説

しょうあい‐ぞめ〔シヤウあゐ‐〕【正藍染(め)】

熱を加えないで自然に発酵させた藍液を用いて行う藍染め

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の正藍染(め)の言及

【アイ(藍)】より

…藍建ては夏季の作業であったが,しだいに土間に藍壺を設置し,加熱によって四季を通じて藍建てを可能にし,室町期には紺屋(こうや)の発生をみた。近年では宮城県栗駒町の千葉アヤノ(1889‐1980)が古来の藍建てを伝承し,その〈正藍染(しようあいぞめ)〉は1955年文化財に指定された。なお,緑染は藍と黄色染料との交染によって得られる。…

※「正藍染(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正藍染(め)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正藍染・近江木綿千葉 あやの武州正藍染阿波しじら松原 定吉千葉あやの松坂木綿武州紺織市木木綿滋賀県埼玉県広瀬絣

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android