正藍染(め)(読み)ショウアイゾメ

デジタル大辞泉の解説

しょうあい‐ぞめ〔シヤウあゐ‐〕【正藍染(め)】

熱を加えないで自然に発酵させた藍液を用いて行う藍染め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正藍染(め)の言及

【アイ(藍)】より

…藍建ては夏季の作業であったが,しだいに土間に藍壺を設置し,加熱によって四季を通じて藍建てを可能にし,室町期には紺屋(こうや)の発生をみた。近年では宮城県栗駒町の千葉アヤノ(1889‐1980)が古来の藍建てを伝承し,その〈正藍染(しようあいぞめ)〉は1955年文化財に指定された。なお,緑染は藍と黄色染料との交染によって得られる。…

※「正藍染(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android