コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田物外 たけだ もつがい

2件 の用語解説(武田物外の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田物外 たけだ-もつがい

物外不遷(もつがい-ふせん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田物外

没年:慶応3.11.25(1867.12.20)
生年:寛政7(1795)
江戸後期の曹洞宗の僧,武術家。幼名は吉次郎,寅雄,諱は不遷,物外は僧名。武田信玄を尊崇し,自身も武田を名乗ったとされる。大力無双をうたわれ,拳骨和尚の異名で知られる。伊予国(愛媛県)松山に生まれる。父は松山藩士三木兵太。松山竜泰寺の小僧となり,11歳で広島伝福寺に引き取られた。幼時から武芸を好んで内緒で修行し,柔術は難波一甫流を,長じてからは一心流鎖鎌,山田流手裏剣,宝蔵院流槍術から大坪流馬術まで習得。自身はこれらを総称して物外流とも不遷流とも唱えた。16歳から18歳まで大坂で儒学を学び,19歳から遍歴修行の生活に入り,天保1(1830)年尾道済法寺の住職となった。諸国遍歴中,新選組の近藤勇と立ち合い,木椀2個で槍をはさんで負かしたと伝えられる。幕末は国事に奔走し,特に幕府と長州藩との調停に尽力。慶応1(1865)年には京都に上り,長州征討の中止を孝明天皇に嘆願している。京都から尾道への帰国途中,大坂で病没した。

(加来耕三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武田物外の関連キーワード因孝休覚回天慧杲明庵哲了釈鼇仙千丈実巌玉山全英大円仏通凸巌養益仏乗慈僊越溪休覚

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone