コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物外不遷 もつがい ふせん

3件 の用語解説(物外不遷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

物外不遷

江戸後期の曹洞宗の僧。伊予松山生。物外は号、不遷は法諱。拳骨和尚の名で知られる。伝福寺の円瑞和尚に従い、得度。武芸に練達し、和歌・俳諧・画を能くする。また囲碁・将棋・生花・茶道も嗜む。晩年は備後済法寺に住した。慶応3年(1867)寂、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物外不遷 もつがい-ふせん

1794-1867 江戸時代後期の僧。
寛政6年生まれ。曹洞(そうとう)宗。山城(京都府)興聖寺の関浪磨甎(ません)に師事,備後(びんご)(広島県)尾道の済法寺住職となる。剛力で柔,剣,槍,鎖鎌などの武術にすぐれ,武田信玄を祖として不遷流を称した。異名は拳骨(げんこつ)和尚。幕末には尊攘(そんじょう)運動にくわわった。慶応3年11月25日死去。74歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。俗姓は三木。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物外不遷
もつがいふせん
(1794―1867)

幕末期の曹洞(そうとう)宗の僧。伊予(愛媛県)松山の人。龍泰寺祖灯(りゅうたいじそとう)のもとで出家し、学道のかたわら剣術を学び、また儒塾に通い経史を修めた。23歳のとき宇治興聖(こうしょう)寺の関浪磨甎(かんろうません)のもとで大悟し、のち江戸に下り禅道剣術をもって知られた。1863年(文久3)京に上り、加賀(石川県)、薩摩(さつま)(鹿児島県)、土佐(高知県)、越前(えちぜん)(福井県)の諸藩主と交わり、勤王の大義を唱え、幕府の長州征伐の非を説き、討幕運動に加わった。また、和歌、俳諧(はいかい)にも通じ、戯画をよくし、落款(らっかん)がわりに拳骨(げんこつ)を押し拳骨和尚(おしょう)とよばれた。慶応(けいおう)3年11月、尾道(おのみち)への帰路、大坂の旅宿で示寂。[金田諦応]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物外不遷の関連キーワード法雲猪股秀哉宇治倭文(初代)大野乙雨慈観(1)順阿長隠(1)方壺村越其栄山根胤之

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone