コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死の周辺

1件 の用語解説(死の周辺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

死の周辺

米国の作家ヒラリー・ウォーの警察小説(1963)。原題《Death and Circumstance》。「警察署長フェローズシリーズ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死の周辺の関連キーワード生まれながらの犠牲者愚か者の祈りこの町の誰かが事件当夜は雨十年目の対決トップレス・バーの女ながい眠りパーク・サイドの殺人冷えきった週末麻薬密売人殺し

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone