コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警察小説 けいさつしょうせつ

世界大百科事典内の警察小説の言及

【推理小説】より

…この種の小説の特色は,感情におぼれない,とくに女性の魅力に動かされない男の強烈な個性と,心理より行動に重点を置く簡潔な口語的文体である。また個人の警官より集団としての警官を強調すれば,エド・マクベーン(1926‐ )の作品である〈87分署〉シリーズや,J.J.マリック(本名ジョン・クリーシー,1908‐73)のロンドン警視庁を舞台とした作品群,ペール・バールー(1926‐75)とマイ・シューバル夫妻のストックホルム警視庁〈マルティン・ベック〉シリーズなど,〈警察小説〉と呼ばれるものとなる。 これまでイギリス,アメリカを主として述べてきたのは事実優れた作品のほとんどが英語で書かれたからであるが,上にあげたスウェーデンの作品のように,他の国に傑作がないわけではない。…

※「警察小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

警察小説の関連キーワードハンチョウ/神南署安積班トップレス・バーの女パーク・サイドの殺人生まれながらの犠牲者サディーが死んだとき失踪当時の服装はスズメバチの巣この町の誰かが冷えきった週末レディ・キラー人形とキャレラ灰色のためらいラスト・ダンス麻薬密売人殺しサザンクロス愚か者の祈りカリブの監視十年目の対決たとえば、愛われらがボス

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警察小説の関連情報